排水管の水漏れを修理する方法

排水管の水漏れ修理は、自分でできるものと、業者に依頼すべきケースがあります。漏水の原因は、主にパイプ詰まり、接合部分の緩み、老朽化の3つですが、いずれの場合でも、軽度なら自分で十分修理することが可能です。自分で直せるかどうかの判断基準を紹介します。

■自分で直せる水漏れ

修理がもっとも簡単なのは、接合部の緩みです。ナットなどの緩んでいる接続部分を締めるだけなので、工具さえあれば簡単に直せます。費用も特に必要ありません。
パイプ詰まりが原因の場合も、詰まりが軽度であれば、ラバーカップやペットボトルでパイプの内部に空気を送り込み、圧力をかけて汚れを押し流すことで直る場合もあります。詰まりには溶かす方法も効果的です。専用のパイプクリーナーはもちろん、カビ退治に使う塩素系漂白剤も使えます。
パッキンなどの部品が劣化している場合には、ホームセンターなどで購入し、自分で交換することも可能です。パッキンのサイズは必ず確認しておきましょう。パイプに穴が開いている場合でも、穴が小さい場合には、接着剤で穴を塞げば問題ないです。

■こんなときはプロに依頼

ポタポタ水が漏れている状態であれば、自分で修理することもできますが、水の勢いが強い場合は自分で修理するのは困難です。床下から水がにじみ出ているときは、埋まっている排水管から水が漏れている可能性もあります。水漏れの原因が分からないときはもちろん、部品やパーツが見つからない場合や自分で直すのが難しいと感じるときには、プロに任せるのが確実です。
業者は専門の道具、知識を持っています。費用はかかりますが、迅速、確実に直せるので、最初から水道 工事の専門家に頼むのも一つの方法です。

■まとめ
排水管の水漏れは、予防と早期発見が何より大切です。水漏れに気づいたら、場所と原因を特定し、穴が開いている場合には補修テープなどで応急処置をします。水漏れが止まったからといって安心せず、専門業者に依頼して本格的な修理を行い、根本的な解決を目指すことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ