排水管の水漏れ解消には清掃が効果的

排水管の詰まりは、悪臭の原因になるだけでなく、排水の不良や水漏れにもつながります。水の流れが制限されることで配管の隙間から水が漏れると、シンクの下にカビが生えたり、床に水がたまることもあります。集合住宅では、詰まりによる水漏れトラブルが増えています。食生活の欧米化により、以前に比べて油脂分の摂取量が増え、パイプが詰まりやすくなったことが原因です。階下への水漏れを起こさないためにも、排水管の定期的な清掃を習慣にしましょう。

■排水管の清掃が必要なのはこんなとき

パイプ詰まりは、見ただけでは分かりづらいものです。排水管が詰まっているかどうかは、次の3つのサインで判断できます。まず第一に、キッチンや洗濯機の排水溝が臭う場合には、管が詰まっている可能性があります。排水管にはトラップと呼ばれる臭いを防ぐ構造が備わっていますが、詰まるとパイプの中から臭いが上ってくるのです。臭いが気になり始めたら、排水管を洗浄する必要があります。
水がなかなか流れなかったり、逆流している、あふれているときは詰まりがかなり進んでいる可能性があります。配管の接続部分が緩んでいないのに水が漏れている場合は、詰まりの可能性が高いです。パイプを洗浄するとともに、隙間を塞ぐ処置が必要になります。

■自分で詰まりを取り除く清掃方法

詰まりがそれほどひどくない場合には、自分で取り除くことも可能です。排水管の清掃には、40度から50度のお湯を使います。単純な詰まりなら、排水口にタオルなどを詰め、お湯をためて一気に流し込むだけで解消することも多いです。重曹と酢、市販のパイプクリーナーを使えば、さらに効果が上がります。排水管の穴を直接掃除するのも良い方法です。これらの方法で改善しない場合には、パイプの奥が詰まっている可能性が高くなります。排水桝を見て汚れているようなら、ブラッシングや高圧洗浄機を使った清掃が必要です。専門業者への依頼を検討しましょう。

■まとめ
下水から臭いがする場合、パイプが詰まっていることが多いですが、ホースと排水管の間のすき間が原因であることもあります。排水管の詰まりは、臭いと水の流れの両面からチェックすることが大切です。普段から水回りに注意を向けるとともに、原因が分からない場合には、専門業者に相談してみることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ