排水管の水漏れ原因と詰まりやすい理由

生活排水を下水道に流す排水管は、毎日の暮らしに欠かせない存在です。見えない場所にあるため水が漏れていても分からないことも多く、気づいたときには被害が広がっていることも少なくありません。排水管のトラブルは、水漏れと詰まりによるものがほとんどです。キッチンのシンクや洗面台の下を定期的にチェックする習慣をつけましょう。

■水漏れの原因は大きく3つ

排水管の漏水は、パイプ内部の詰まり、接続部分の緩み、パイプの経年劣化の3つが主な原因です。パイプが詰まると水の流れが悪くなり、限界に達して流れなくなったときに水漏れを起こします。詰まりが原因で接続部から水が漏れることも多いです。排水管の接続部に使われているナットやパッキンの緩みも、水漏れの原因になります。老朽化だけでなく、詰まりや地震などの振動や衝撃によって緩むこともあるので、注意が必要です。
排水パイプの耐用年数は一般的に10年から15年だと言われています。設置から10年以上経過している場合には、破損による水漏れの可能性は常にあると考えて良いでしょう。漏水事故を防ぎ、家の価値を維持するためにも、定期的に水道 修理のプロの点検を受けるのがおすすめです。

■排水管が詰まりやすい理由

排水管には使った水だけでなく、風呂場や洗面所では髪の毛、キッチンでは食べかすや油、洗濯機の排水ホースには糸くずや繊維類なども流れることが多いです。排水管の内部は掃除しづらいため、汚れが溜まりやすく詰まりやすい傾向にあります。特に油脂分は、洗剤と水に反応して石鹸状に固まってしまうため、定期的な清掃で取り除くことが大切です。
排水管はいきなり詰まるわけではなく、詰まりはパイプ内部の汚れが徐々に溜まった結果です。排水溝から水があふれ出たときは、詰まりはかなり進んでいます。下水の異臭や水はけが悪いなどのサインを見逃さないことがポイントです。

■まとめ
排水管は上から下に流れるように設置されています。マンションなどの集合住宅は、戸建て住宅に比べて配管の勾配や落差が小さいことが多く、詰まりやすい傾向にあります。水漏れに比べ、詰まりは発見しづらく、修理代金も高めです。定期的な清掃やメンテナンスが経済的負担を押さえるコツになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ