二次被害のおそれも!排水管の水漏れはすぐに対処を

二次被害のおそれも!排水管の水漏れはすぐに対処を 排水管とは建物に溜まった水や生活排水を流すためのパイプで、毎日使うものだけに水漏れが起こる可能性が高い部分です。発見したとき大したことはなくても、放置しておけば事故に繋がったり、集合住宅の場合には階下に被害が及んで近隣トラブルに発展することも少なくありません。発見したらすぐに適切に対処することが大切です。排水管 水漏れの原因は、詰まりと管自体の劣化、破損の二種類があります。溜まった汚れや異物が詰まっている場合と、排水管が劣化、破損しているケースでは対処法が違ってくるため注意が必要です。
水漏れは、定期的な清掃や排水管に熱湯を流さないなど、普段の心がけで予防することができます。トラブルを未然に防ぐための水回りの基本的な知識についても押さえておきましょう。

■深刻なダメージがある水漏れの被害

水漏れの被害でまず最初に考えられるのが経済的な損失です。水に濡れることで家具がカビて、使えなくなれば買い替える必要が出てきます。建物の土台がカビたり、構造部が劣化、腐食している場合には、放置しておくと住宅の寿命を縮めることになりかねません。水が漏れている状態が続けば、家の中に湿気が増え、シロアリやカビ、ダニが発生し、駆除費用がかかったり、時には健康被害が生じることもあります。
マンションやアパートなどに住んでいる場合には、水漏れは下の階の住人に迷惑をかけることもあるため、特に注意が必要です。漏水事故は集合住宅の代表的なトラブルの一つだと言われています。気づかない間に大きな被害を与えてしまい、損害賠償を求められるケースもあるので、十分気をつけましょう。

■水漏れかどうかを調べる方法
目に見える場所から水が漏れていたり、激しく漏れている場合には分かりやすいですが、床下の水漏れやにじむように水が漏れているケースは気づきづらいものです。配管からの漏水は、排水管だけでなく給水管からの場合もあります。給水管から水が漏れている場合には、漏れている水がきれいで、水を使っていなくても水道メーターが動くので判断しやすいです。水に濁りや泡立ちがあれば、排水管からの漏水の可能性が高くなります。
配管からの水漏れは、目で確かめるのが基本です。排水管周辺が重点的に濡れている場合には、パイプに穴が開いていないか確認します。埋没部分など見えない部分については、業者に依頼するのが確実です。漏水の有無だけでなく、解決策を提案してもらえるので、早期解決につながります。

■原因と対処法

水漏れは、パイプの経年劣化や破損、詰まりが主な原因です。パイプには毎日水が流れているので、長期間使用するうちに、接合している部分が緩んだり、腐食やヒビ割れ、穴が開くなどして水が漏れることがあります。生活排水が流れるため、食べかすや油分などが溜まりやすく、溜まった汚れが詰まって水があふれるケースも多いです。
漏水が起きている場合には、まず最初に、被害の拡大を防ぐため、漏れている場所に水が流れないようにします。次に、水が漏れている箇所と原因を特定し、修理を行います。排水ホースが管から外れていたり、接合部が緩んでいるだけの場合には、自分で直すことも可能です。接合部が締まらない場合には、パッキンの劣化の可能性もあるため、交換が必要になります。パイプ自体が劣化、破損している場合には、補修、交換が必要です。原因が分からない場合や、修理に自信のない場合には、業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
トイレやキッチン、お風呂などの生活排水を流す排水管は、詰まりやすく、10年以上経てば劣化により水漏れが起こりやすくなると言われています。水回りを少しでも長く快適に使うためには、ネットなどを利用してゴミを流さないようにすることや、パイプを傷めないように熱湯を流し込まないこと、パイプ専用クリーナーなどを用いて定期的に清掃することなどが大切です。ヒビや穴を見つけたら小さいうちに補修するとともに、専門の業者に点検を依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース